ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.10.13 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.10.13 Thursday

2016竿仕舞い

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

もう納竿したつもりだったが・・・

 

9月末、禁漁直前になると行きたくなる。

 

こっそり秋の木曽〜岐阜を歩いた。

 

長雨の影響で山は水を含んで飽和状態。

 

尺アマゴを狙いに出掛けたが、多すぎた水は釣り人を避けた。

 

そして、初夏に訪れたヤマトイワナの谷を覗いてみた(*´ω`)

 

 

前回より水は多めだけど、十分な釣りが出来そう。

 

透き通った流れ。

 

色彩豊かな川底の石。

 

そして、苔と色付く広葉樹。

 

今期最後かと思うと、いつもより森を味わいながら歩いた。

 

 

キノコ達は元気いっぱいの世界を形成していた。

 

 

途中、リスや野ウサギが倒木を掛けていく(´▽`)

 

少し腰かけながら歩くが、熊も居るので

 

要注意( 一一)

 

 

ヤマトイワナは元気だった。

 

そして傷の無い体に成長していた。

 

 

最後は尾びれが大きく、綺麗なヤマトイワナが釣れた(´▽`)

 

 

2016ヤマトイワナの森のチカラに感謝

 

 

2016.10.12 Wednesday

2016秋田森のチカラ

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

2016年秋田の渓流は9/20まで。

 

落葉によって堆積した腐葉土は、雨水を濾過して流れを作る。

 

そんなブナ・ミズナラの森を歩いた。

 

緑色から黄色へ移る

 

 

溢れ流れる沢

 

 

そんな山奥でのイワナ

 

お腹が全て黄色い。

 

多少黄色いイワナは見掛けるけど、このイワナは白い部分が無い。

 

ブルックみたいな・・・

 

始めてみたイワナ(´▽`)

 

 

 

チョットお腹見せて!

 

 

イワナは多く釣れたけど、黄色のイワナは1匹だけだった。

 

そしてヤマメの谷を歩いた。

 

この森も広葉樹で構成されている。

 

だから人気も高い。

 

 

ブラックナットを瀬に浮かべると

 

美しいヤマメが飛び出した。

 

 

釣り始めて数百メートル。

 

もうここで納竿とした。

 

大切にしたいね森のチカラ(´▽`)

2016.09.09 Friday

岩魚の生息地を見下ろす。

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

まだ禁漁前だが、竿を置いて

北アルプスを登ってきた。

 

鏡平〜双六を予定したが駐車場が満車

トホホの状況。

 

仕方なく、しらかば平から西穂高口へ向かう。

樹林道をせっせと歩く事1時間15分

西穂山荘に到着。

 

 

さて・・・

あそこまで・・・

 

 

せっせと登る。

 

さらに登る。

 

登る。

 

 

 

振り返ってみる

 

おお〜登ってよかった(´▽`)

 

左側は上高地だ。

流れる川は、梓川だ。

 

 

登ってみると

地形が良く判る。

 

イワナ達の紋様の変化は、何処で決まるのか?

謎である。

 

ずっと笠岳のピークに雲が掛かっていたけれど

帰りには、ピークが晴れた。

 

 

 

 

 

 

 

2016.07.19 Tuesday

北アルプス 源流イワナ2016

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

すっかり北アルプス釣行記録をアップするのを忘れていた。

 

まだ水が多い源流釣行を決行した。

 

水温が上がらないので景色を楽しみながら

 

午後を待つ

 

 

昼飯を食べようと思ったが

まだ山小屋は営業していなかった。

 

 

笠新道水場で喉の渇きを潤す。

 

 

 

水が多めの時のイワナは、安全な場所に移動している。

 

岩陰にイワナの尾びれが見えたw

 

10番を放り込んで見ていると飛沫が上がった!

 

 

 

イワナが動き始めた。

 

一定の流れや、巻き

 

10番をひったくる。

 

 

 

 

同じポイントに何匹も集まっていた。

 

 

よほど条件が良いのだろう。

 

 

 

バシバシ釣れる。

 

 

場所を変えて観察していると

 

ライズを発見!

 

考えずに10番カディスを送り込んだ。

 

野性味溢れる捕食スタイル

 

 

右の巻き、左の巻き

 

両方から出てくる

 

 

 

 

厳ついツラのイワナ

 

魚体も素晴らしい

 

ブラックバスの様だw

 

 

 

 

 

久しぶりの登山は脚に応えた。のであります。

 

 

あでゅ

 

2016.07.19 Tuesday

盛夏の東北へ〜後編

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

ランプの宿での幸せな時を過ごした翌日

 

東北の名手と秋田で待ち合わせ。

 

名手とは5月連休以来で久しぶり。

 

今日は名手と深い森を冒険する計画だ。

 

オイラのフィールダーは4WDだけど、とても行ける様な林道では無い。

 

なので、名手のジープに乗せてもらい1台で山に入る。

 

 

さあ、流れは100メートル谷底だ!

 

準備を整えて降下開始。

 

 

大きな源流部に期待し、10番を打つ

 

直ぐに太った9寸〜泣尺が釣れる。

 

 

『今日は尺出るね!』など話しながら釣り上がる

 

しかし、泣き尺止まり( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

名手、カワネズミを追う大イワナを狙う

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、時は訪れた。

 

尺だ!

 

デカイよ〜35くらいあるじゃん!

 

 

 

名手と、9寸〜尺まで良く釣れる。

 

9寸イワナでも立派なのに、この日ばかりは小さく見えた。

 

どれも、ヒレが素晴らしい。

 

 

途中、河原に腰を下ろして昼飯とした。

 

すると、斜面の森からガサガサ音がしたように感じた。

 

しばらくすると、カワイイ熊?が現れた(´▽`)

 

『こんにちは!』

 

直ぐに森へ帰って行った。

 

大自然である。

 

イワナを守る大自然なのであります!

 

 

空を見上げると暗い雲・・・

 

『夕立あるかもね』

 

名手が尺を掛けた時、大粒の夕立。

 

木の下で雨宿り。

 

 

 

 

大渓流の夕暮れは早い。

 

そして魚止め

 

名手が狙う。

 

 

オイラは、1段下のポイント。

 

岩盤際に10番カディスを叩きつけた。

 

グワ〜ンと大きな魚体が・・・

 

宮崎さんの竿はグリップ内にスウェルバットが仕込まれているタイプ。

 

これが効果を発揮する。

 

ばっちりランディング成功!

 

”さんぱち”(´▽`)

 

 

うれしい。

大自然のチカラに感動する。

 

そして、脱渓。

 

高低差 140メートルの崖。

 

クマ笹に掴まりながら、一歩一歩登る。

 

途中、2回滑落しかけたけど

 

無事だった。

 

夕暮れ夕立。

霞んだ林道をヘッドライトが照らす。

 

疲れ切った身体を米代川河畔の宿で休ませた。

 

 

翌日は雨。

 

名手と挨拶を交わし、それぞれ帰路についた。

(途中、道の駅で再開w)

 

ありがとう。

 

 

帰宅・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album
PR