ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.08.19 Sunday

八月の水落ち

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

八月に入り

猛暑・台風・豪雨

行きたい山の水量が落ちない。

一番水が落ちにくい源流へ。

 

 

標高は1500Mを超え

そろそろ竿を振りたい。

 

あれぇ〜

ライズしたぞw。

 

10番イナゴフライで

泣き35イワナ

随分痩せていた。

開けた流れで、木々の覆いも無いので

昆虫の落下は見込めない

チョウ、トンボあたりがメインかな。

しかし、水が多い北アルプス。

越冬した痩せイワナでは

飛ぶ虫の捕食は難しいのだろう。

 

流下物も少ないエリアなのかも

 

 

暫く歩くと

木々の覆うエリアに到着

 

砂岸に足跡・・・

なんだ先行者が居るのか・・・?

砂の沈み具合といい

かなりデカい熊の足跡

まだエッジが立ってる(*_*)

 

 

どこかで俺を見ているのかも。

そんなことを思いながら

釣り歩く

 

 

今回の目的は、取水堰堤より次の堰堤まで行くこと。

取水堰堤を越えると水量は豊富だった。

 

堰堤までは魚の反応は無く

堰堤を高巻き、ロープで下りる。

 

 

「ここまで来てイワナが居なかったらキツイな」

でも冒険してしまうw

 

ここらで反応を見る。

 

 

居たよ

ヨカッタ(*^_^*)

 

更に遡行すると魅力的な入口

 

 

自然のスケール

恐怖さえ覚える

 

 

常に崩れている感じ。

注意しながら、主たる流れにフライを流す。

 

新しい落石と倒木の間を通すと

源流を生きる尺イワナが出て来た。

そして、ここで釣を終える。

 

 

 

何度もネットから逃げ出すイワナ

そっと、ネットを取り除くと

落ち着いたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.07.22 Sunday

川が変る

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

先日の大雨

各地の被害

 

あの川は、どうなっているのだろうと

寄ってみた

少しだけ、ほんの少し(^^ゞ

 

 

土石流が起こったルンゼ

主流が変わり

大きな岩が動いていた。

 

イワナの反応は無く

もう流されてしまったのか・・・

 

居た!(^^ゞ

 

 

大増水の中、ヤマトイワナは生き残っていた。

 

 

 

安心した。

川の状況は凄い変り様だった。

今までのポイントは無くなり

新しい良いポイントも出来ていた。

そんなところには

魚が棲んでいた(#^.^#)

 

 

 

2018.07.22 Sunday

夏イワナ

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

夏山シーズン

 

 

やまゆき、かわゆき

林道はにぎわう。

 

水が落ちて、先行者がいると、かなり厳しい。

 

そんな中、森が涼しさを届ける

 

 

所々、探ると

元気なイワナが飛び出す

 

気が付けば、16:00

下山を考えれば。。。

また今度(^^)

 

久しぶりに

足の裏が痛くなった。

 

 

 

2018.06.26 Tuesday

エゾイワナ

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

日本全国色々な紋様を纏うイワナが居る

 

中でもヤマトイワナは特徴がある。

そしてそれらは険しい山岳に守られている。

 

 

一方、東北のイワナは

白点が特徴のイワナ。

しかし良く見ると、黄色い斑紋、オレンジの斑紋がある。

頭部は虫食い紋様が多い。

 

中部に比べ、山が低い東北は

人が山奥へ入りやすい。

放流も行われ混血のイワナが多くみられる。

 

その様な事情の中、

熊に気を付けながら

沢を分け入り釣査した。

 

流れは細くなり

ちょっとした溜まりに奴は潜んでいた。

 

虫食い紋様が無い、白点のみのメスのイワナだ。

とても美しく感動した。

 

生き延びて血を繋いで欲しい。

 

2018.06.26 Tuesday

ハルゼミと共に去りゆく蝉羽月

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

待ちわびた六月。

夏至を迎え、東北の名手と秋田を歩いた。

谷はハルゼミの鳴き声が、もう聞こえなかった。

 

水量が落ち

厳しい状況だろうねと、言いながら

どこか期待する。

 

森の奥

大渓流

 

名手が先に釣るよ〜と言う。

釣れてるし(≧◇≦)

 

 

俺は、ハードシェルアントパラシュート10番をセット。

からの1匹目(≧◇≦)

 

 

宮崎さんの竹竿。#3

オスの尺上。

 

予想を裏切る面白さ。

 

谷のコンディション

岩魚のコンディションはサイコウ。

 

 

朝から晩まで笑って遊んだ蝉羽月

 

ありがとう。

 

2018.06.12 Tuesday

角館の夜

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

秋田の先輩と。

 

今宵の酒屋は、先輩が手掛ける店。

 

遠い昔、未だ先輩と東京で飲明かした時代

先輩宅で

先輩の姉さんと、

Hさんと言う秋田のご友人と知り合った。

そのHさんの息子さんがマスターだ。

正直、驚いた。

随分、時が経った事を実感する。

 

 

いつもの通り、笑い話や熊の話、

話に良く出る、抱返りの龍。。。

楽しい夜は更けていった。

 

釣りの方は。

 

独り熊の気配を気にしながら

谷へ降りる。

朝イチの反転流

グワンッと出たイワナ。

引き寄せると!

ランディングネットに手を掛けると!

40近いイワナに逃げられてしまった。。。

_| ̄|○

 

 

呆然としながら、遡る

10番を撃ちながら

 

 

昼過ぎ、マダラ等のハッチが沸き

イワナは50匹ほど釣れた。

数が釣れれば良いものではない。

まだらにハッチするイワナを眺めた。

どの流れで捕食するのか

良く観察した。

 

 

暫く釣り上がると

どこかで嗅いだ匂い。

 

谷風に乗って

虫よけハッカの香り

 

ん?先行者か?

 

うっ!東北の名手じゃん(≧◇≦)

やっぱりこの香りは、間違いなかった(≧◇≦)

 

ご友人と一緒だった。

暫く話をして

先を譲った(^^ゞ

 

車へ戻ると、名手の車が寄せてあったので

先日、サワダさんに貰ったサセックスのステッカーを

置いてきた(^^ゞ

 

 

ストレスフリーな旅だった。

 

 

 

 

2018.06.12 Tuesday

ムネアカオオアリ

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

六月の東北

紫陽花の咲く頃

秋田に居た。

 

渓を観察すると

ムネアカオオアリを発見。

 

 

ここは、佐藤成史さんの

ハードシェルアントパラシュート10番を結ぶ。

フックはTMC206BL

 

 

岩魚の様な動きで

ヤマメが銜える。

 

 

ありがとう東北

行くぜ東北!

夏の東北インスタキャンペーン実施中(≧◇≦)

2018.06.11 Monday

六月の便り

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

2018

六月

秋田

 

愛車は五年目を迎え

26万キロを走行

 

大好きな秋田の国道から林道へ

 

朝は河鹿ガエルが谷に響き

イワナが釣れ始め

空を仰ぐとハルゼミの合唱。

ストレスフリー

 

 

フライは、ほぼ10番

堰堤を巻きながら、熊の気配を気にする。

 

渓床に座る至福の時。

 

 

秋田の水玉模様を愉しむ

 

 

イワナは多く釣れる。

そして、色彩豊かなオレンジを纏うイワナ

 

 

なんでこんな山奥に居るのだろう・・・と、

いつも思う。

 

 

この先は、またいつか。

林道が無いので川伝いに戻る。

 

実は朝イチ、大型イワナを発見したが

俺に気が付いて

逃げられたイワナ。

帰りにきっちり〆

(^^ゞ

 

そして温泉で汗を流す

のであります

 

撮影機材

iPhone X

 

2017.11.18 Saturday

高原川渓流魚産卵場造成

 

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

日本で初めて産卵場造成に取り組んだ岐阜県高原川

 

発足当時、初めて参加した。

 

それ以来、都合で参加できずにいたが

 

今回、久しぶりに参加。

 

公民館では、川で合う顔ぶれ

 

色々な説明を受けた後

 

班分けを行い

 

ナカジさんと同じ斑になった。

 

 

 

川に移動すると

 

森は落ち葉が堆積し

 

きのこが自慢げに秋を主張していた。

 

 


 

 

今回は、岐阜県水産研究所の博士が来て下さり

 

更に詳細な造成が出来たと感じた。

 

 

お昼には

 

鮎の塩焼きに、鮎飯、豚汁をありがたくいただき

 

集合写真で〆

 

 

 

 

魚は、釣りきられる事は無く

 

渓流魚達は、産卵場に集まってくる。

 

親魚なしでは、卵は産まれない。

 

 

 

Powered by
30days Album
PR