ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ムネアカオオアリ | main | ハルゼミと共に去りゆく蝉羽月 >>
2020.08.13 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.06.12 Tuesday

角館の夜

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

秋田の先輩と。

 

今宵の酒屋は、先輩が手掛ける店。

 

遠い昔、未だ先輩と東京で飲明かした時代

先輩宅で

先輩の姉さんと、

Hさんと言う秋田のご友人と知り合った。

そのHさんの息子さんがマスターだ。

正直、驚いた。

随分、時が経った事を実感する。

 

 

いつもの通り、笑い話や熊の話、

話に良く出る、抱返りの龍。。。

楽しい夜は更けていった。

 

釣りの方は。

 

独り熊の気配を気にしながら

谷へ降りる。

朝イチの反転流

グワンッと出たイワナ。

引き寄せると!

ランディングネットに手を掛けると!

40近いイワナに逃げられてしまった。。。

_| ̄|○

 

 

呆然としながら、遡る

10番を撃ちながら

 

 

昼過ぎ、マダラ等のハッチが沸き

イワナは50匹ほど釣れた。

数が釣れれば良いものではない。

まだらにハッチするイワナを眺めた。

どの流れで捕食するのか

良く観察した。

 

 

暫く釣り上がると

どこかで嗅いだ匂い。

 

谷風に乗って

虫よけハッカの香り

 

ん?先行者か?

 

うっ!東北の名手じゃん(≧◇≦)

やっぱりこの香りは、間違いなかった(≧◇≦)

 

ご友人と一緒だった。

暫く話をして

先を譲った(^^ゞ

 

車へ戻ると、名手の車が寄せてあったので

先日、サワダさんに貰ったサセックスのステッカーを

置いてきた(^^ゞ

 

 

ストレスフリーな旅だった。

 

 

 

 

2020.08.13 Thursday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR