ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.08.04 Friday

北ア源流へ

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

なかなか水が落ちない北ア源流へ

 

それでも先週より良いかな?

 

独り言を言いながらの登山道。

 

 

時間もあったので岸際を遡行する。

 

深い巻きを、10番カディスを打ち返す事数回。

 

良いのが出た(^^ゞ

 

 

また増水の爪痕を感じながら

 

深い森に目をやる。

 

 

見たことないヤツを発見。

 

ヘビトンボの仲間かな???

 

深いプールでライズを繰り返す尺イワナを発見。

 

事は上手くいった(*´з`)

 

 

たっぷりの息抜き。

 

下山

 

腹ペコ

 

山之村

 

バイキング(;´∀`)

 

 

 

 

 

2017.08.01 Tuesday

減水した奥飛騨の谷

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

減水して天候が安定したある日

 

2週続けて奥飛騨の谷を歩いた。

 

大岩の折り重なる谷は注意が必要だ。

 

グローブは必須アイテム。

 

 

イワナ達は元気に暮らしていた('ω')

 

テレストリアルより、ナチュラルカラーのCDCカディスへの反応が良かった。

 

しかし、プールに居るイワナは

 

マイクロテレストリアルに反応が良かった。

 

 

ところどころに潜むイワナ

 

成長していた。

 

 

鋭い歯

 

 

写真の大岩の上を

 

大きな熊が歩いていた(*_*;

 

小熊や、高校生程の熊は逃げていくが

 

奴は堂々としていた。

 

俺は岩陰に隠れて様子を伺った。

 

良い毛並みだった(;´∀`)

 

 

 

一応、撤収(*´з`)

2017.07.08 Saturday

奇怪樹の森

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

 

若い頃歩いた信州の谷へ

 

薄暗い早朝

 

林道の記憶は途中まで

 

何となく憶えているような・・・

 

 

山は幾重にも重なり

 

その奥へ誘う。

 

途中、私を抜き去った年輩夫婦の登山者は

 

あっという間に消えていった。

 

あの年齢であの早さ

 

次の曲がりには、もう居なかった。

 

 

本当に人だったのだろうか・・・・

 

など過ぎる・・・この季節。

 

 

 

谷へ降り立つと、涼しい風が抜けて行く。

 

登山道で汗だくになっていたので

 

休憩をとった。

 

減水している谷。

 

ユキシロが終わり

 

体力回復中と予想。

 

浅くて緩い流れに毛鉤を流すと

 

白点、朱斑が細かいイワナが釣れた。

 

 

 

 

 

イワナは引き続き釣れる。

 

奥へ奥へ進むと

 

魚止めまで来てしまった。

 

そこにはイワナが群れて、ライズを繰り返していた。

 

 

釣りを終えて

 

登山道を散策。

 

そこは、サワラの木が奇怪に踊る森だった。

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.28 Sunday

青い山と空

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

ひと雨ごとに濃くなる野山

 

少し水嵩が増したのならば、ヤマメ・イワナが混成している谷を歩こう。

 

今回は都合により日帰り。

 

今期初めての高原川支流の谷へ。

 

 

朝9:00を回った頃、谷へ降りる。

 

先行者が居るので、いつもの入渓点からでは

 

厳しいと思い、少し下流から入ってみた。

 

 

良い流れにフライを通す

 

岩魚か山女魚か不明だが良型が食い損ねた(;´∀`)

 

緩い流れや、巻きを中心に探ると

 

イワナが疑わず出てくる。

 

 

いつもの入渓点を過ぎると

 

無反応。

 

谷の水温が上がり始めると

 

谷アマゴが出てくれた。

 

 

帰りの事を考えて、林道へ這い上がる。

 

林道を覆う木々

 

木漏れ日が気持ち良い。

 

 

朝イチの入渓点へ戻り

 

食い損ねた魚の正体を調べに

 

先程の流れを観察すると

 

ヤツがライズを繰り返している。

 

正体は、幅広ヤマメだった(*´з`)

 

 

深くなる森には、

 

タニウツギが笑っていました。

 

2017.05.22 Monday

2017ヤマトイワナの谷

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

高原川水系を愉しんだ夜は

 

遊びすぎて爆睡。

 

 

翌朝、鳥の囀りと森の香りで目を覚ます。

 

今日はヤマトイワナを釣査('ω')ノ

 

実は、昨年も同じ日に釣りに来た。

 

下草を見ると昨年より季節は遅れている。

 

きっと朝の岩魚は沈んでいるだろう。

 

あさりの味噌汁と、おにぎりで朝飯を済ませ

 

あちこち見て回る。

 

 

ユキシロは終わり、水が少々少ない感じだ。

 

案の定、イワナは底にいる。

 

30分もすると暖かい風が吹きだして

 

ミドリカワゲラや黒いカディスが飛び始めた。

 

最初はCDCを使ったが、水面に張り付くパラシュートに変えた。

 

反転流の岩下に飛沫を発見。

 

1度出たが、フライは浮いたまま

 

食い損ねたらしい。

 

早アワセする必要が無いので

 

ピックアップせず、そのまま置いておくと

 

直ぐに食べたw

 

今年の初物だ。

 

 

茶色い魚体に萌える。

 

頻繁にライズが起こる。

 

 

頭から背中まで、つるつる。

 

 

逃げ出しても

 

ブーツの際に隠れたり

 

まったくイワナは可愛い。

 

小さなイワナも確認できた。

 

この様な小さなヤマトイワナが居てくれると

 

自然の豊かさを感じますね。

 

 

 

Powered by
30days Album
PR